アクセスカウンタ

<<  2008年9月のブログ記事 zoom RSS

トップへ


コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 25 Re;

2008/09/28 18:08
ついに最終回です。
流れ的にはある程度予想通りの展開でした。

一番の懸念はルルーシュ・スザク・C.C.が生き残るかどうかだったのですが、ルルーシュが逝ってしまいました。
一般的な善悪を考えるとあそこまでの非道を繰り返してきたルルーシュが生き残る事にスッキリしない視聴者も多いでしょうからそういう判断だったのでしょう。
撃っていいのは撃たれる覚悟のあるヤツだけだ
タイトルのReもこのセリフそのものを表していたのかもしれません。
しかしコードギアスをずっと観てきたファンならルルーシュはここでも意表を付いてくれると思ってるんじゃないでしょうか。
C.C.が少し前から額の紋章を見せてなかった訳ですが、すでにコードはルルーシュが受け継いで生きていてラストシーンでの馬車の草の中に隠れていたと考えた人もいたのではないでしょうか
まぁでもそれではルルーシュの意志やC.C.の罪悪感などでこの壮大なストーリーのオチに反するのかもしれませんが、見る人によって色んな見方が出来るようにつくっている谷口作品の本領発揮ということで見終ったあとでも色々考える楽しみも残ったということなのでしょうね


最終回もシュナイゼルのカッコ良すぎの鎖での縛られ方や扇首相やカレンがパンを咥えて学校行くシーンなど突っ込みどころ満載でしたが、前シリーズから計50話全てが本当に楽しめました。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 24 ダモクレス の 空

2008/09/22 22:09
シャルルには奴隷にするギアスがベストと言いつつもそれ系のギアスを使おうとしませんでしたが、シュナイゼルは自分に仕えよというギアスでしもべにしてしまいました。
最終回どうなるかわかりませんが、ルルーシュは表舞台から消えても影の支配者として君臨しようと思えば出来ますね。
ゼロレクイエムとメルマガキーワードの「敗北をもたらした記念すべき男の名前だ」から世界中の敵として負ける事で統一国家が生まれるとかの筋書きのような気がしないでもないです。
ルルーシュの言った「明日が欲しい」というのは谷口作品でよく出るセリフなんですが、これが監督の一貫したテーマなんでしょうね。


C.C.、玉城、藤堂、千葉となんとか生き残れそうです。
コーネリアも生きていてホッとしました。
ギルフォードも生きていましたが、この2人がなんで蓬莱島にいたのかだけが疑問です・・

カレンとスザクの対決は最終回まで持ち越しになりました。
カレンが戦う目的云々いってましたが、今の状況でカレンの戦う目的が一番個人的感情なんじゃないかと少し違和感を感じました。

あとニーナはもっときれていく展開でマッドな感じで死ぬキャラだと思っていましたが、なんかかっこいいこと言っちゃっててずいぶん成長するキャラだったんですね


前シーズンからほとんどの人が予想していたであろう最終回付近でのナナリーの開眼で今回終わった訳ですが、少女マンガもビックリするような純真無垢でまんまるで真直ぐな目に圧倒されました。
お兄様、私にもギアスを使いますか?
今までのストーリーは全てこのセリフの為だったんじゃないかってくらいの名言でシビレました
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 23 シュナイゼル の 仮面

2008/09/15 22:01
「それが何か?」
今までシュナイゼルの本性はかなり黒いんじゃないかって思っていた視聴者は多かったと思います。
ただこのセリフから黒いというよりも自分以外の人間の存在自体重要視してないというか眼中にない究極の自己中に感じました。

「飢餓や貧困〜」のくだりもSTAGE5でのルルーシュとスザクと同じ内容の事を言っています。
きっかけは同じでも三者三様、人によって行動の起こし方の違いがコードギアスのストーリーの根本であったかと捉えれます。
ガンソードのオーディオコメンタリで谷口監督が人は分かり合えないという部分が裏設定のようにあるといっていましたが、今回シュナイゼルのセリフも似た様な内容でした。
人の為にやっているつもりでも結局それは利己的な考えで、エゴのぶつかり合いの面白さが谷口作品の魅力だと思っています。
コードギアスがここにきてルルーシュが何か達観したような感じでみんなの為というのを前面に出してるのが少し不満なんですが、よく考えてみるとこの「みんなの為」もシャルルやシュナイゼルと同じ独りよがりのエゴにすぎないのかもしれません。

何はともあれ残り2話スカっとするエンディングを楽しみにしたいです。

まさかコーネリアがあれで死んだとは思えないんですが、公式も今日に限って更新してないし気になります。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 22 皇帝 ルルーシュ

2008/09/08 22:42
今回かなり重要かと思われる「ゼロレクイエム」という新しいルルーシュの目的が出てきました。
公式での次回予告にも成就なるかという書かれ方をしているので、この内容がそのままエンディングに影響与えそうです。

先週から特に展開が超速になっているので、今回ナイトオブラウンズ達も瞬殺でした
モニカ、ドロテアの扱いには目をつぶるとしてもビスマルクの未来を読むという戦闘における最強ともいえるギアスもスザクの前では通用しませんでした。
KMF戦の尺の短さを見るとあくまでもコードギアスは戦闘がメインの話ではないと改めて実感しました。

ダモクレスが登場しましたが、OPで斬月が突っ込んでいってるのがそうだったんですね。
フレイヤを全て回収したシュナイゼルですけど話の展開としてフレイヤのせいでニーナが狙われるのは分かるし、ルルーシュが最重要人物としてニーナを保護したのもこれを見越しての事で対フレイヤの為なのでしょう。
公式のキャラクター更新でニーナが
>フレイアを使い世界を支配しようとしたシュナイゼルから離反し仇敵ゼロに協力する
となっているので、またもやネタバレになってるんですけどこれは最後に友達みんなで花火をする伏線にもなっているのかなと思いました。シャーリーはいませんが・・

やはりナナリーは生きていました。
予告でチラっと写った咲世子さんも生きていてうれしかったんですが、展開的にディートハルトもいるんで咲世子さんもシュナイゼル側につくんでしょうか?
希望としてルルーシュ側について欲しいのですが理由がないですね・・


C.C.の拘束衣やヴィレッタのマント姿やニーナのダサい私服など前シリーズから見てる人ならニヤリとするところですが、ピザハットがいくらなんでもアップすぎじゃないかと感じました

コードギアスのkoelaboというのが始まったんで、試してみたらなかなか面白いです。
ただブログパーツは有料でないと利用できないみたいです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2008年9月のブログ記事

トップへ

コードギアスについて語るブログ 2008年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる