アクセスカウンタ

<<  2008年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN 21 ラグナレク の 接続

2008/08/31 20:24
のっけからスザクの顔に落書きしようとして、出来ずに「ちっ」と舌打ちするマリアンヌですが
前回の助けようか迷ってたのはスザクだったんですね。

この行動からも自由奔放で閃光と異名を取る割りに子供っぽいことが分かり
この後真相が明らかになった時に皇帝への賛同からの行動も自己中心的ゆえの物だという
暗示になっているシーンだと思いました。

前回の「あなたが今でも私たちの味方なのか知りたくって」のセリフも
あくまで私たち=マリアンヌと皇帝で、土壇場でルルーシュ側に付く事が分かっていたようで
こんなに深い意味があったのかとビックリしました。

しかし「ラグナレクの接続」ってガンソードのカギ爪の男の計画と同じに見えたのは私だけでしょうか


ルルーシュと皇帝の会話の中で「人は仮面をかぶる」という事が焦点でしたが
TURN13でシャーリーがみんな仮面をつけているように見えていたのも伏線になっていたようです。

図書館な感じの場所に移りましたが、C.C.の記憶を管理する部屋が美術館のようだったことから
アレは皇帝の記憶を管理する部屋だと思いました。

本棚が開いた時に皇帝の後ろにいた巨人か怪物のような骨格が何か気になりました。

ギアスや古代遺跡のルーツと関係あるのかもしれませんが、明かされるか微妙です。

最初からそれ系の謎は解明される必要はないと思ってますし
流れ的にキャラクター1人1人の落ち着き処が最重要であとはシュナイゼルとの決着だけです。

締めでシュナイゼルが最後にとっておきがあるような感じでしたが
TURN15でフレイヤが完成したときにつぶやいていた「ダモクレス」が秘策っぽいですね。


ルルーシュがブリタニアの皇帝になるとはコードギアスが始まった頃には夢にも思わない展開ですが
予告を見る限りギアス使いまくりでギアスの力で支配しようとしてるように見えます。

超展開すぎて次回以降まるで予測できないし、ルルーシュが何を目指したのかわかりませんが
とりあえず次回皇帝ルルーシュが何をするのか楽しみです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN 20 皇帝 失格

2008/08/25 22:24
スザク覚醒かと思いきや完全なる開き直りでした

パニクるニーナに追い討ちを掛けたり、必要なのは結果だと悟ったようなことを言うスザクですが、30秒Ver.予告ではルルーシュがスザクの言う通り大切なのは手段なのかも知れないと言っています。
結局2人とも自分を見失って精神的にお互いに依存しているように見えます。
この流れだと友情復活的な方向に進みそうな感じですね。

突然のマリアンヌ登場でびっくりしました。
公式相関図だとアーニャの「心の中に潜む」となっています。
アーニャの目が赤くなっていることからもギアス能力でそうなっているぽいですが、何故この状況にしたのか?目的が全くわかりませんし、現状何の為に神根島に来たのかも不明です。
助けるべきかな?彼を
モニターでルルーシュを捉えながらのセリフなので、ルルーシュのことを指しているんでしょうけど迷うという事はもっと大事な目的があるという証拠です。
「ラグナレクの接続」を待っていたと予想できますが、ここら辺の真相は全ての発端に繋がっていて次回でかなりの謎が解かれそうな勢いです。


ナイトオブワンがギアス持ちのようですが、ギアスを封印する為に隻眼にしたのか、皇帝がコード持ちになってギアスを与えた第一号の可能性もありますが、どちらなんでしょうね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 19 裏切り

2008/08/17 20:05
いつもそうなんですが、特に今回は見る人によって感じ方が違う話だったのではないかと思います。

シュナイゼルがゼロの正体を明かした時に「ばかな!」と叫んだ藤堂は子供の時のルルーシュを知っていてこそのセリフなのでしょう。序々にゼロへの不信感を募らせてきた所への決定打で裏切って当然の展開と言えます。
「日本を返せ」とカッコ良いとこ見せた扇ですが、元をたどればヴィレッタにメロメロで彼女の為に行動していて、たまたま見せ場がきただけでルルーシュと根っこの部分は同じと思わせます。
ディートハルトは自分の判断よりも場の流れを優先してゼロに見切りをつけたように感じました。

しかしシュナイゼルはゼロを引き渡せと要求しただけなのに黒の騎士団は殺す気満々でしたね

ようやく人間になれたと言ったロロには泣けました
最後に自分の意思でルルーシュの為に動いたことに生きる証を見つけたんじゃないかと思います。
ルルーシュもロロが死んだ時に心はアツくなったでしょうけど涙を見せなかったのはよかったです。
そこまでいくと逆に偽善ぽくなったでしょうから・・


「僕は元から壊れているからね」
これロイドのセリフでした。
そういえばたまにこの人自分を分析するようなこと言いますね。

次回皇帝は神根島に行きそうですが、ラグナレクの接続とは何なのか?
STAGE1でルルーシュがギアスを与えられるところのイメージですでに皇帝は「ラグナレクの接続」言ってます。
TURN12でバトレーが「このままでは世界は滅びの道を」と言っていて、今回皇帝も「古い世界を破壊し新しい世界を創造する」と言っています。
STAGE19「神の島」で神根島が舞台になり、皇帝とV.V.の目的が神を殺すことでしたが、神といえるものが神根島にあるのか?
次回でその辺りの謎は解けそうですが、マリアンヌ殺害の真相は絡んでくるんでしょうか・・

次回予告でディートハルトがボコられてましたがカレンの仕業かな

追記:→のブログパーツのギアス劇場、今日はカレンが「今日は武道館でイベントの日ね」でした。
さらにクリックすると公式のイベントページに飛びます。
けっこう芸が細かいなぁ
アフィとは全く関係ないのでお気軽にどうぞ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN 18 第二次 東京 決戦

2008/08/10 20:55
受け止められない事態に現実逃避するルルーシュ

ナナリー達はフレイヤの光に飲み込まれた訳ですが、今思うと原子力を使った爆弾を使う回をこの日に放送する為に6月にアキバでコードギアス祭りを挟んだんじゃないかって気がしています。
どんな思惑があるのか不明ですが、この時期にアニメで原子力の爆弾を日本で使用される話を描く事に意味はあると思います。

ストーリー的には生きろギアスが効いた結果、不本意に使ってしまったスザクですが、父親殺し以上の業を背負う事になり、未だに償いとは死ぬことと思っていた考えがどう変わるのか?やっぱり変わらないのか・・
スザクがフレイヤを撃った時にニヤリとしたシュナイゼルはギアス関連の話を聞いてこうなることがわかってたようですね。
前回「今、全てのカードは我が手の中に」と言っていたのはギアス能力すらも計算のうちに出来るという自信からだったようです。

今までの流れ的にはナナリーが死んでしまう展開は想定内でしたが、咲世子と一緒にいた意味を考えると生きている確率は高いと思います。ストーリーの盛り上がり的に例え生きていても再登場は最終回くらいになりそうですけど。


ナナリーの救出作戦の優先事項第3位がカレン救出でしたが、1位は当然ナナリーでじゃあ2位は誰?あるいはナニだったのかすごく気になりました。メルマガかDVDのオーディオコメンタリあたりで明かされる事に期待です。

あと「キューエル」って叫んで死んだ女の子誰なんでしょ?
恋人か髪と目の色が同じだったので妹なのかもしれないですが、R2から観てる人は何のことかわからないだろうし、前振りなしで急に出てこられても
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN 17 土 の 味

2008/08/03 21:05
土の味」一見すると美味しんぼかと思うようなタイトルですが、スザクに踏みつけられ屈辱を味わう事で裏切られたと思った時の怒りが更に増幅するというルルーシュの心情や情景の一部を表現するのにはまっていて感心しました。

ギルフォードの私服を初めて見る気がしましたが、ギアスをこういう使われ方されるとは・・
前シリーズからずっと出てたキャラクターなのにこの扱われ方は少し悲しいですが、ダールトンの酷い死に様を思い出して、せめてコーネリアだけは救われて欲しいなぁと思います。
ギルフォードはギアスキャンセラーにかからない限り永遠にルルーシュをコーネリアと思い込むのでしょうが、ブリタニアを相手にする事に抵抗ないくらい絶対的な存在なんでしょう。
で、ふと思い出したのが前バージョンのOPで斬月とヴィンセントが戦う場面がありましたが、ゼロと袂を分けた藤堂とギルフォードが戦う流れの気がします。
千葉の日本を解放したらの問いに何か決意めいたものがあるように見えた藤堂がゼロと敵対しても今までの流れ的に自然な感じです。
シュナイゼルが録っていたスザクとルルーシュの会話の録音が黒の騎士団の耳に入るようだと一気に分裂してもおかしくないですね。

前回あまり気にしなかったんですが、怪我した左手薬指の絆創膏を婚約指輪でも見るような目で見るC.C.をみるとこれも契約に掛けている気がします。
ナナリーの救出が成功するかわかりませんが、ルルーシュにとってC.C.はナナリーに取って代わる存在になっていく伏線だと思いました。

今までスザクのことを初めての友達と言ってきたルルーシュでしたが、今回「俺の最初で最後の友」と言っちゃったので、これで完全にリヴァルの存在がなくなってしまいました
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鉄腕バーディー DECODE

2008/08/02 19:30
原作が好きで単行本も全て買っているので1話から観てました。

アニメ化すると特に原作がまだ終了していない場合、話数等の関係やらで設定や登場人物・ストーリーが大幅に変更されることはよくあることで、それに関しては寛容で面白ければ良いと思ってます。
ただコレは酷過ぎます
特に完全にオリジナルだった4・5話なんですが、作画も素人レベルで呆然としました。
原作の方も決して繊細な設定とは言えませんが、いじり過ぎて制作側の誰もまともに理解してないのでは?と思うほど破綻してみえます。
例えば5話の中で希少人種であるはずのアルタ人の扱いが完全に矛盾していました。アルタ人スラム街がある一方ほかの地域のバーでこの辺じゃアルタ人は珍しい発言・・・惑星間の行き来が常態化しているのに小さな地域間での意味不明のセリフ
あとこの5話の脚本が出渕裕だったんですが、脚本家としては素人ですよね。
ググってみると鉄腕バーディー DECODEではクリエイティブプロディーサーなんですが、何のつもりだったんでしょう

鉄腕バーディー DECODEの公式見て初めて週刊ヤングサンデーが休刊になることを知りました。
漫画雑誌も売れない時代になってきたんですね・・
私も買わなくなって数年経ちますが、週刊になる前から買っていたのでなんか寂しいです。
鉄腕バーディーはスピリッツのほうに移動して連載は継続されるようで安心しました。


ついでにコードギアスのメルマガのちょこっとキーワードの予想を少し

TURN18「撃たない覚悟も必要なんだ」
これは普通にスザクからルルーシュに向けてなんでしょうが、逆にルルーシュからスザクに対してなのかも

TURN19「僕は元から壊れているからね」
ロロが言うのは間違いないと思いますが、誰に言うのか独り言という線も

TURN20「あなたが今でも私たちの味方なのか知りたくって」
カレンからゼロに対してが流れ的に妥当かと思います
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2008年8月のブログ記事  >> 

トップへ

コードギアスについて語るブログ 2008年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる