コードギアスについて語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN 21 ラグナレク の 接続

<<   作成日時 : 2008/08/31 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

のっけからスザクの顔に落書きしようとして、出来ずに「ちっ」と舌打ちするマリアンヌですが
前回の助けようか迷ってたのはスザクだったんですね。

この行動からも自由奔放で閃光と異名を取る割りに子供っぽいことが分かり
この後真相が明らかになった時に皇帝への賛同からの行動も自己中心的ゆえの物だという
暗示になっているシーンだと思いました。

前回の「あなたが今でも私たちの味方なのか知りたくって」のセリフも
あくまで私たち=マリアンヌと皇帝で、土壇場でルルーシュ側に付く事が分かっていたようで
こんなに深い意味があったのかとビックリしました。

しかし「ラグナレクの接続」ってガンソードのカギ爪の男の計画と同じに見えたのは私だけでしょうか


ルルーシュと皇帝の会話の中で「人は仮面をかぶる」という事が焦点でしたが
TURN13でシャーリーがみんな仮面をつけているように見えていたのも伏線になっていたようです。

図書館な感じの場所に移りましたが、C.C.の記憶を管理する部屋が美術館のようだったことから
アレは皇帝の記憶を管理する部屋だと思いました。

本棚が開いた時に皇帝の後ろにいた巨人か怪物のような骨格が何か気になりました。

ギアスや古代遺跡のルーツと関係あるのかもしれませんが、明かされるか微妙です。

最初からそれ系の謎は解明される必要はないと思ってますし
流れ的にキャラクター1人1人の落ち着き処が最重要であとはシュナイゼルとの決着だけです。

締めでシュナイゼルが最後にとっておきがあるような感じでしたが
TURN15でフレイヤが完成したときにつぶやいていた「ダモクレス」が秘策っぽいですね。


ルルーシュがブリタニアの皇帝になるとはコードギアスが始まった頃には夢にも思わない展開ですが
予告を見る限りギアス使いまくりでギアスの力で支配しようとしてるように見えます。

超展開すぎて次回以降まるで予測できないし、ルルーシュが何を目指したのかわかりませんが
とりあえず次回皇帝ルルーシュが何をするのか楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN 21 ラグナレク の 接続 コードギアスについて語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる