コードギアスについて語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 3 囚われ の 学園

<<   作成日時 : 2008/04/21 18:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TURN3は役割的には大きく動き出す前の繋ぎの回な感じでした。
しかし相変らず30分テンコ盛りで2回以上観ないとわからない演出がいくつもありました。

まずロロですが、まだギアスがいまひとつ理解しにくいですね。
機情局の隊員を殺す時の発動時ヴィレッタの動きが止まってから髪の毛がふわっとしたのとバックの水が流れっぱなしだった事で時間を止めるという能力ではないと判りました。
ではやはり脳に干渉して半径数十mの人間の思考を一定時間止めるものかというとそれも怪しい。
TURN2で搬入口で待ち構えていた黒の騎士団員がルル−シュに通信で「消えた!」って驚いた時も通信が途切れる事なく話していた所からこの時点で私は思考停止論はないと判断していたので、それ以外の能力だと思ってます・・
まぁ今の展開の速さだとあと1〜2週ではっきりしそうです。

またロロのキャラクターですが、躊躇なく機情局員を殺したり中華連邦に銃で囲まれてるのに「電話です。ただの」って無表情で言って電話にでたりして度胸満点&ク−ルな割にルル−シュに対しては大袈裟なくらい動揺したりします。
いずれロロの正体の秘密が明かされる事でどうしてこんなキャラなのかはっきりするんでしょう。たぶん・・


ヴィレッタは皇帝直属の機情局で指揮を執ってるんで出世したということですね。
「監視は完璧。ギアスを使う隙間もない。ヤツがゼロなら学校に戻ってくるのも妙だし
このセリフ、赤字の部分は心の中で言ったものみたいです。何回か観ないと判りにくいですが、そういう演出っぽいです。
ギアスは単語を聞かれただけでも機情局員が殺されるほどのトップシークレットだし、ルルーシュ=ゼロも学園内ではヴィレッタとロロしか知らないと思います。TURN1で死んだ男爵もルルーシュをエサとしてしか認識していないようだったので。


あと最後のシンクーの行動の真相ですが、予告と合わせても裏切ったように見えるので、これは逆に裏切ってない前振りですよね。
シンクーは中華の中にいることを前提で協力したりする存在だと思ってます。

前回死んだはずのカラレスがニュースの中で負傷扱いになっていました。
ただの報道規制なのか改造されて再登場するフラグなのか・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 3 囚われ の 学園 コードギアスについて語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる